露香園服務式公寓‐逸蘭管理

伝統のエリアで新しい生活

 上海市の中心部に位置する豫園、老西門地区は、現在の市街地の起源ともいえるエリアだ。近年は再開発が進み。街の面目は一新されようとしている。その一角に新しいサービスアパートメント「露香園服務式公寓‐逸蘭管理」が立っている。
 露香園服務式公寓は2015年4月のオープンで、現代的でファッショナブルな住まいをコンセプトとしている。部屋数は79室で、1LDK、2LDKとメゾネットタイプの3LDKの3種類が用意されている。2階にゲストラウンジやミーティングルーム、3階にはジムやテラスがあり、入居者の憩いの場となっている。地下鉄10号線の豫園駅に近く、淮海中路のショッピングエリアにも歩いて行ける。建物の北側には古い城壁が残っており、上海の歴史を感じさせる。露香園服務式公寓は伝統のエリアで新しい時代の生活を送ることができる。


露香園服務式公寓‐逸蘭管理
(住)黄浦区露香园路8号
(電)021-5331-7111
(hp)www.lansonplace.com


リビングルームは木のぬくもりを感じさせる造りになっている。新しい建物だけに、部屋も清潔で暮らしやすい


ベッドルームはシンプルで落ち着ける空間となっている。ベッドも余裕のあるサイズのものが用意されている


共有スペースもおしゃれなデザインになっている。部屋数がそれほど多くないので、アットホームな雰囲気が感じられる

入居者は…

細萱美保さん
 露香園服務式公寓には2015年8月から住んでいます。夫の勤務先が陸家嘴にあるので通勤の便のいい物件を探しました。ここからは人民路のトンネルをくぐるとすぐに陸家嘴に着くので便利です。せっかくの海外生活なので、外国を感じさせるマンションに住みたいという思いもここを選んだ理由の1つです。部屋は問題なく、しっかりした家具がそろい、バスタブがあるのも気に入っています。朝食がついているのも、慌ただしい朝に余裕ができて助かっています。サービスもホテル並みに充実していて、不満を感じる点はありません。ここでの生活には十分に満足していますが、上海にいるうちに旧フランス租界の静かなエリアに住んでみたいという思いもあります。