ドゥテルテ比大統領が北京に到着

 10月18日夜、フィリピンのドゥテルテ大統領が専用機で北京に到着した。中国の習近平国家主席の招きに応じたもので、18日から21日まで中国に滞在する。今回はASEAN加盟国を除くとドゥテルテ大統領の初めての外国訪問で、大規模な訪問団が随行している。
 夜のとばりが下りた中、ドゥテルテ大統領はタラップを降り、初めての中国訪問の旅を開始した。中国外交部の王毅部長が空港まで出迎えた。ドゥテルテ大統領にはフィリピンの外交省、財政省、農業省などの大臣クラスや数百人に上る企業の関係者が随行している。
 大規模な訪問団は、ドゥテルテ大統領の今回の訪中に対する期待の表れだといえる。ドゥテルテ大統領は訪中前のメディアの取材に対し、「中国の麻薬取り締まりの経験を学び、協力して麻薬犯罪の撲滅に当たりたい。また、フィリピンの鉄道などのインフラ建設に対する中国の援助を期待している。南海問題は対話を通じて解決をはかるのが望ましい」と述べた。
(10月19日 央視網)