有人宇宙船「神舟11号」打ち上げ成功

 10月17日午前7時30分、中国の有人宇宙船「神舟11号」を搭載した長征2号Fロケットが、酒泉衛星発射センターから打ち上げられた。約575秒後に神舟11号はロケットから切り離され、予定の軌道に乗った。景海鵬、陳冬の2人の飛行士の状態は良好で、打ち上げは成功した。
 今回は中国の6回目の有人宇宙飛行船打ち上げだった。神舟11号は2日間の独立飛行を行ったあと、宇宙実験室「天空2号」と軌道上でドッキングする。2人の飛行士は天空2号に30日滞在し、空間科学実験や応用技術試験を実施する。
 現在、天空2号は地上393キロの軌道を回っており、設備は正常に稼働し、運行状況は良好で、ドッキングと飛行士の滞在の条件を満たしている。
(10月17日 中国新聞網)