国慶節休暇の観光客数は延べ約6億人

 中国国家観光局が今年の国慶節休暇の観光客の動向を発表した。それによると10月1日から7日までの7日間に国内旅行をした観光客数は延べ5億9300万人で、前年同期比12.8%増となった。観光収入の累計は4822億元で14.4%増となっている。
 鉄道部門のまとめによると、国慶節休暇前後10日間の全国の鉄道旅客数は延べ1億800万人で前年同期比9.3%増となり、これまでの国慶節の記録を更新した。
 海外旅行では各国の中国人観光客へのビザ政策の緩和が進み、中国人の海外旅行の環境が明らかに改善されている。「全国観光団体サービス管理システム」によると、10月1日から7日までの7日間に団体旅行に参加して出国した観光客数は約139万9000人、1日当たりの平均出国数は20万人で、前年同期比で11.9%増加した。期間中の海外旅行先のベスト10は韓国、日本、ロシア、タイ、台湾、オーストラリア、ベトナム、マレーシア、フランス、シンガポールとなっている。ロシアはダークホース的存在で、前年同期比103.1%増という大幅な伸びとなった。ビザが免除されているモロッコ、トンガ、チュニジアなどのマイナーな旅行先にも大勢の中国人観光客が押し寄せ、いずれも前年同期比400%前後の伸びとなった。海外旅行先の選択肢はますます多元化している。一方、香港、澳門、台湾はもはや長期休暇の旅行先ではなく、週末の旅行先となっている。期間中の香港への観光客は延べ9322人で前年同期比127.48%減、澳門は延べ2338人で162.02%減、台湾は延べ7915人で227.71%減となった。
(10月8日 人民網)