中国漁船が韓国海域で火災、3人死亡

 韓国の聯合ニュースの報道によると、9月29日、中国の漁船が韓国の海域で火災を起こし、3人が死亡した。
 韓国の駐光州中国総領事館の関係者は、現在状況を確認しているところだとしている。
 聯合ニュースによると、ソウル時間の29日午前9時45分ごろ、全羅南道新安郡付近の海域で事故が発生した。木浦海洋警備安全署(木浦海警)が中国漁船に乗り込んで調べていたところ、操舵室と機関室に鍵を掛けられたため、署員が操舵室のガラスを破り3発の爆音弾を投げ込んだ。その後、漁船で火災が発生した。爆音弾が火災の原因になった可能性があるとみられている。
 火災発生後、木浦海警は消火作業を行い、機関室で3人の船員を発見した。3人はすでに呼吸と脈拍がなかった。木浦海警は3人が煙で窒息死したとみている。
 韓国海警はこの漁船と船員を木浦に移送し、調査を進めることにしている。30日午前には木浦海警の埠頭に着く見通しとなっている。
(9月30日 新華網)