舟山の漁師が捕った魚が110万元

 浙江省舟山の漁師が捕獲した魚が110万元という高値を付け、話題となっている。この魚は体長が1メートル60センチ近く、重さは約48キロという驚くような大きさだ。
 こように大きな魚を捕ったことは、宝くじに当たったようなものだ。漁師の陳さんは満面の笑みを浮かべた。この魚は陳さんの親戚が9月18日に岱山エリアの暗礁の近くで捕まえ、4、5人がかりで船に引き上げた。
 この魚は中国語の学名で「毛鱨魚」で、舟山では俗に「舟山大魚」と呼ばれている。「この種の魚はパンダと同じように希少で、私は20年以上見ていない。これを捕れたのはまったくの幸運で、普通は一生かかっても捕まえられるのではない」と陳さんは語った。
 現在、この魚はいけすに放されており、値段を聞きに来る業者が後を絶たない。
(9月21日 台海網)