世界大学ランキングトップ50に中国の3大学

 世界大学評価機関の英国クアクアレリ・シモンズ(QS)が9月6日、2016年の世界大学ランキングを発表した。中国の大学では清華大学、北京大学、復旦大学がそれぞれ24位、39位、43位で、3大学がトップ50入りした。米国、英国に続く数だった。
 復旦大学は2014年71位、15年51位と順位を上げ、今年初めてトップ50入りした。清華大学は25位から24位へ、北京大学は41位から39位へといずれも前年から順位を上げている。
 総合1位はマサチューセッツ工科大学で5年連続。2位はスタンフォード大学、3位はハーバード大学で、米国の大学が2004年のランキング設立以来初めてトップ3を占めた。
(9月7日 中国小康網)