世界の富裕国ランキングで中国が2位に

 ロシアのスプートニクが8月24日に伝えたところによると、市場調査会社「ニューワールドウェルス」が発表した「世界で最も富裕な10カ国」の中で、中国が2位となった。
 ニューワールドウェルスが発表した統計は各国の国民の「個人財産の総体」で、不動産、現金、銀行預金、事業収入などが含まれる。中国は17兆4000億ドルに達し第2位で、最近の15年間では財産の増加速度が最も速いとしている。最も富裕な国は米国で48兆9000億ドル、第3位は日本で15兆1000億ドルだった。以下、10位までは英国(9兆2000億ドル)、ドイツ(9兆1000億ドル)、フランス(6兆6000億ドル)、インド(5兆6000億ドル)、カナダ(4兆7000億ドル)、オーストラリア(4兆5000億ドル)、イタリア(4兆4000億ドル)の順だった。
(8月24日 環球網)