中国が2040年に世界第2のシェールガス産出国に

 米国エネルギー情報局は8月15日、中国の1日平均のシェールガス産出量が2040年に200億立方フィートを超え、米国に次ぐ世界第2のシェールガス産出国になると予想した。
 データによると、中国はこの5年間で600カ所余りのシェールガス田を開発し、2015年の1日平均の産出量は5億立方フィートに達した。今後も中国のシェールガス産出量は増加を続ける見通しで、1日平均の産出量は2040年に200億立方フィートを突破して中国の天然ガス産出量の40%を超え、米国に次ぐ世界第2のシェールガス産出国になる見通しだ。
 米国のシェールガス産出量も増加を続け、2040年のシェールガス産出量は2015年の370億立方フィートから790億立方フィートに増加し、米国の天然ガス産出量の70パーセントに達すると見られている。
(8月17日 人民網)