上海の2空港で15日から反テロ安全検査

 8月15日午前0時から、「中華人民共和国反テロリズム法」第34条の規定に基づいて、上海浦東空港と虹橋空港の2つの空港で空港ターミナルに入る人の安全検査が実施される。
 上海の空港では利用者の理解と協力を求め、可燃物や爆発物、刃物などの持ち込みが禁止されている物品を携行しないよう注意を促している。また出発便の搭乗者へは、安全検査で通常より時間が掛かることが予想されるため早めの到着を呼び掛けている。
(8月11日 新民網)