中鉄がバングラデシュと鉄橋建設で契約

 バングラデシュの国家鉄道局と中国の中鉄株式有限公司が、8月8日、バングラデシュの首都ダッカで、パドマ橋の鉄道建設プロジェクトの契約を締結した。プロジェクトの契約金額は31億4000万ドルに上る。
 このプロジェクトはバングラデシュの東部と西部を結ぶもので、鉄道はダッカからパドマ橋を経由してジェソールまで延びる。バングラデシュ南西部の鉄道の骨格を形成するプロジェクトとなっている。鉄道の総延長は168.6キロで、最高時速120キロで設計されている。
 パドマ橋プロジェクトは中国企業がこれまでに海外で請け負った最大の橋梁プロジェクトで、地元の住民から「夢の橋」と呼ばれている。橋と鉄道の建設によって、これまで船に頼っていたバングラデシュ南部の21地区とダッカの往来の歴史が終わり、アジア鉄道の重要な一部になると見られている。
(8月8日 新華網)