中国がカナダの3番目の観光客源に

 カナダ観光局の最新の統計によると、中国は今年、フランスを抜いて米国、英国に続くカナダの3番目の観光客源となった。今年第1四半期(1~3月)に約60万人の中国人観光客がカナダを訪れ、前年同期比で20%の伸びとなった。
 カナダ観光局中国地区首席代表のデレク・ガルピン氏は、「現在、カナダを訪れる中国人観光客は急速に増えており、団体旅行客はバンクーバーやトロントといった都市に集中している。中国人観光客が最も興味を示しているのは、大自然の観光地を訪れ、野生動物を見たり新鮮な空気を吸ったりすることだ。個人旅行客も急速に増加しており、主に北京、上海、広州からやって来る。個人旅行客は車を自ら運転して、原始の姿が残されたエリアを探索したいと考えている」と語った。
(8月4日 新華網)