中国の宝くじファン700万人が中毒状態

 最近、北京の1人の宝くじファンがある宝くじで5億7000万元の賞金を独り占めしたことが、羨望を集めている。多くの宝くじファンが、宝くじを買って金持ちになろうと考えている。
 北京師範大学中国宝くじ事業研究センターの報告によると、中国の宝くじファンは2億人を超えている。その中で宝くじ購入が中毒状態に陥っている「問題の宝くじファン」は約700万人に達し、重度なファンも43万人を超えていると推定される。主な症状は費やす時間が長い、宝くじの購入額と収入のバランスが取れていない、心理的依存度が高いなどだ。
 専門家は「宝くじ設立の本来の目的は民衆の善意を促すことにあり、宝くじは公共の利益に重要な役割を果たしている。民衆が宝くじを買うときには理性とともに勤労によって財を成すという正しい考えが求められる」としている。
(7月15日 人民政協網)