「天宮2号」9月中旬打ち上げへ

 中国有人宇宙飛行事業弁公室の7月9日の発表によると、中国の宇宙ステーション「天宮2号」は工場での作業を終え、甘粛省の酒泉衛星発射センターに輸送され、発射エリアでの組み立てと測定検査を実施した。
 計画では天宮2号は今年9月中旬に打ち上げられ、軌道上で試験を実施して有人宇宙船「神舟11号」のドッキングに備える。
 天宮2号は有人宇宙船や貨物輸送宇宙船とドッキングし、宇宙飛行士が中期の滞在をはかる。併せて宇宙医学、空間科学、空間応用技術の実験も行う。天宮2号は天宮1号を基礎にして開発され、2人の宇宙飛行士が30日間生活できる能力を持ち、軌道上の寿命は2年で設計されている。
 発射場の設備の状態は良好で、計画は順調に進んでいる。天宮2号の打ち上げに使われるロケット「長征2号FT2」、神舟11号の打ち上げに使われるロケット「長征2号F」は、今年8月上旬に酒泉衛星発射センターに運ばれる。神舟11号はすでに完成しテスト中で、宇宙飛行士の選任も終わり訓練が続けられている。
(7月11日 科技日報)