洪水で流されたナンバープレートを販売

 7月10日、湖北省武漢市の市街地が洪水に見舞われた。あふれた水で多くの車のナンバープレートが流され、1軒の商店に20数枚のナンバープレートが並んだ。この日、1人の車の持ち主が水のあふれた道路を探して、自分のナンバープレートを店で見つけたが、店主は報酬として100元を要求した。持ち主は「なぜそんなに高いんだ。労働に対する30元から50元の報酬は理解できるが、多くのナンバープレートを並べて商売をするのは納得できない」と言って、憤然とその場を離れた。
 記者がその商店に着いたときには、合わせて14枚のナンバープレートが並んでいた。店先にいた中年女性はさらに7、8枚のナンバープレートを数えていた。ほとんどのナンバープレートが武漢市のもので、湖南省などの外地のものもあった。その女性にナンバープレートはどうしたら返してもらえるのかとと聞いたところ、その女性は車の証明書を見せて100元払わなければならないと言った。記者が少し安くならないかと言うと、その女性は「ナンバープレートは別の人が水の中から探し出し、ここに持ってきて、代金と引き換えに持ち主に返してほしいと言ったものだ。ナンバープレートを探すのはかなりの苦労を伴う作業で、けがをした人もいる。簡単には安くできない」と答えた。
(7月10日 楚天都市報)