今年の雲南産のマツタケが日本へ初輸出

 今年の雲南産のマツタケが初めて日本へ輸出された。このマツタケは336キロ、2万6900ドル相当の新鮮なもので、雲南省の昆明から日本へ輸出された。
 マツタケのスムーズな輸出のため、雲南省出入国検査検疫局は「リスクの分析とキーポイントのコントロール」の理念に基づいて、「一品一策(品目ごとの検査)」と「一企一策(企業ごとの検査)」の監督体制を実施している。そして、生鮮農産物の輸出のための「グリーンルート」を開設し、「5+2(平日の5日と週末の2日)」「白+黒(昼と夜)」の全天候24時間体制をとり、輸出するマツタケのスピーディーな通関を進めている。
(7月5日 人民日報海外版)