世界最大の電波望遠鏡「FAST」の本体が完工

 7月3日、貴州省の平塘県に建設が進められている口径500メートルの世界最大の電波望遠鏡「FAST」で最後の反射鏡ユニットの取り付けが終わり、本体の工事が完工した。FASTは今後、最終試験の段階に入り、今年9月末に宇宙の神秘の探索が始まる予定となっている。
  FASTの工事は2011年に始まり、工期は5年半、2011日に及ぶ。完成後は単体では世界最大の口径を持つ電波望遠鏡となり、その後20年から30年にわたって世界一流の施設の地位を保つと考えられている。
(7月4日 貴州晩報)