中共一大会址がリニューアルオープン

 7月1日、中国共産党創立95周年のこの日、上海の中共一大会址記念館が過去10年で展覧スペースを最も大規模にする工事を終え、リニューアルオープンした。 新しくなった中共一大会址記念館の展示品は278点に達し、以前の2倍近くに増えた。その中には国家一級の文化財が20点余り含まれている。ロシアや米国で発見された中国共産党初期の貴重な歴史資料も初めて公開されている。館内では同時にマルチメディアの施設も増設された。
 この日は「党の揺りかご、偉大なる始まり」と題し、中国共産党誕生95周年を記念する詩の朗読会が館内で開催された。その中では毛沢東の『民衆の大連合』や李大釗の『庶民の勝利』などの名作が朗読されたほか、『あの夜を照らす明かり』などの新作も発表され、党史が生き生きと語られた。
(7月1日 中国新聞網)