夜上海

おしゃれな雰囲気に浸りながら食事を楽しむ
 
 地下鉄10号線の新天地駅に近い「夜上海」は1930年代の石庫門と呼ばれる建物の一部をそのまま残し、店内も当時の雰囲気を大切にしている。店名は「魔都」と呼ばれた当時の上海の夜にちなんで付けられた。店に入るとそのころの上海にタイムスリップしたような感覚を味わうことができる。店内には豪華な個室が4室あり、彫刻や絵画が飾られている。
 外国人が多い新天地の一角に位置しているため、夜上海が提供する料理は外国人の口にも合うようにあっさりとした味付けになっている。おすすめの『蟹みそ詰め』は蟹みそと蟹肉の濃厚な味の料理で、生姜入りの酢をつけるとあっさりとした味になる。金・土・日の夜7時半からはピアノや歌の生演奏があり、おしゃれな雰囲気に浸りながら食事を楽しめる。
※料金には10パーセントのサービス料が加算される


夜上海
(住)黄浦区黄陂南路338号
(電)021-6311-2323
(営)11:30~14:30/17:30~22:30
 

蟹みそ詰め 98/2
蟹肉と蟹みそを蟹の甲羅に詰めた一品。そのまま食べると濃厚な味わい。生姜入りの酢をつけて食べると、あっさりとした味を楽しめる
 

蟹みそ肉団子 48
豚肉の団子の上に蟹みそを載せ、だしをかけたシンプルな料理。肉団子はとてもジューシーでじっくりとかみしめて味わいたい
 

川エビの炒め物 198
川エビはすべて手作業でむいたもの。調味料を少なめにして、川エビの新鮮な味を引き出している