蕾の湯

日本式のお風呂でリラックス
 
 日本人は世界一お風呂好きといわれ、「上海でもゆっくりとお湯につかりたい」と思う人は多いはずだ。そんなときに心強い銭湯が上海市の南西部に今年4月にオープンした「蕾の湯」だ。蕾の湯は日本人が経営するホテル「上海栢蕾SPA酒店」の2階にあり、ホテルに泊まらなくても入浴できる。大風呂と五右衛門風呂のような小さいお風呂が設置され、お湯は入浴に適した軟水を使っているので肌に優しい。入浴料は1人で138元で、会員になると半額以下となる。
 ホテルには畳の部屋が4室用意されている。宿泊客はお風呂に無料で入ることができる。1階には日本料理店「麗蕾つぼみ」があり、日本人にとっては宿泊、入浴、食事が1カ所でできる便利な施設になっている。会員は宿泊も割引になる。冬は日本式のお風呂で温まり、日本にいる気分でリラックスしよう。
 

お風呂は大風呂のほかに小さいお風呂が2つ用意されている。日本の銭湯のような洗い場もあってゆっくりと汗を流せる
 

ホテルの畳の部屋。低いベッドと仕事ができる机も設置されている。日本のテレビ番組を見ることもできる
 

1階の日本料理店「麗蕾つぼみ」。本格的な日本料理を提供している。12月には宴会に使い勝手のいい離れもオープンする
 
蕾の湯
(住)徐汇区枫林路289号上海栢蕾SPA酒店2楼
(電)021-6418-8109
(営)12:00~深夜